今回、伝えていく商材は「トレテンワールドFX」という、いかにも怪しい為替ツールです。

こちらは、株式会社金馬新聞のカズヤングという方が、販売されているものになります。

まず、このカズヤングこと「岩本和也」の経歴を調べてみると、もともとは、FXに関係がない競馬や競艇の情報配信サービスを行っていた人みたいです。

実績の欄には「人気競馬ブログランキング1位」「人気協定ブログランキング1位」といった情報が記載されております。

競馬や競艇予想だけでは儲けられないと感じたので、今度はFXに儲けの舞台を移したのでしょうね。金を稼ぎたい亡者の典型的な例です。

競馬や競艇は、いわゆる『ギャンブル』です。

そんな元ギャンブラーであるカズヤングが、FXのツールを販売しているんですよ。FXで負ける人の8割がギャンブル的戦略と言われている中で、元ギャンブラーの方が紹介するツールが果たして稼げるというのでしょうか。

この時点でまったく説得力が無く、笑えてきますね。

重要となるツールの内容ですが、よくあるトレンドの転換ポイントにサインを出して教えてくれるといった内容です。

「トレテンワールドFX」以外にもこのようなツールは多く存在するのですが、こういった転換ポイントが来たらサインを出してくれるツールはあてになりません。

なぜなら、為替は1秒ごとに値動きが変化しており、10分後には転換の兆候が無くなっていることなんてざらにあります。
そのため、サインが出ていたからエントリーしたのに、数分後には値動きの変化で、サインが消えていることがよくあります。

それなのに、「初心者でも安心してトレードができる」と書かれているので詐欺確定ですね。

また、勝率が56%程らしいのですが、為替の世界ではまだまだ低い確率です。2分の1の確率にかけることを意味していますので、まさにギャンブルになります。
70%~80%の勝率でないとツールとしては無能すぎるので、とても安全にトレードできるとは言えません。

このツールの実績ですが、1日の平均のエントリー回数が1.07回でエントリー数が1634回とされており、年換算にすると約4年間の記録ということになります。
純利益が200万近くなので、1年間の利益は50万程ですごいと思えますが、投資資金を考えるとそうでもありません。

最大ドローダウンが約11%で損失幅が28万程。つまり、FX口座に250万程の投資資金を持っているので、一度に得られる額も当然大きくなります。

250万規模で投資を行えば、これほどの利益を出すことはできるでしょうね。

時給64,167と書いてありますが、一回の注文金額を考えるとリスクに見合わないの値段とも言えます。

また、作業時間1分と書かれていますが、1日平均で1回しか来ないエントリーチャンスをたまたま見つけることが果たしてできるでしょうか。

常にパソコンに張り付いてチャンスが来るのを待つしかないことは、目に見えていますよね。

ですので、「チャートをずっと見張る必要なし」ということは嘘になります。

みなさん、元ギャンブラーであるカズキングが売り出すツールには要注意です。
「トレテンワールドFX」にお金を払うことは、お金を捨てることと同じと言えます。

時給や分給換算して価値のあるように見せようとしていますが、冷静に考えるとリスクに見合わない金額にあたります。数字に騙されないように気を付けてくださいね。